FC2ブログ

Entries

丼の次は飯碗

丼、底削りのあとは、飯碗…シュッとした形がいいなぁ~と思いながら、なんとなく、丸く作ってしまう…今回の飯碗はかなり小ぶりの物…焼き上がりは、お子様サイズです。もちろん、狙って作ってます。笑丼の底削って、スモール飯碗挽いて、再生粘土を作る…もうこれだけで、予定時間が終了。あぁ…もう少し時間が欲しいなぁ…でも、仕入れもあるし、晩ごはんの支度もあるし…致し方ございません…笑...

箸置き

以前、作ったメザシの箸置き…なかなか、釉薬が決まらず…まだ、模索中…笑テストで、薪窯に入れてもらった物は、火表は自然釉がちょっと美し過ぎて…どうかなぁ~笑火裏の方が、それらしく焼けてるのですけど…それはそれで…悲しい結果…只今、迷走しております!!(笑)...

丼を挽く…

先週は、お休みだったので、以前に作った丼は硬くなってダメかなと思いましたが…さすが、冬は寒い陶芸室…大丈夫でした。とりあえず、底を削って…新しい丼をまた何個か挽きました。まだ、形が安定しません…技術の未熟さを感じます。飯碗に比べて、丼は少し厚みをもたさないと、冷めるのが早かったり、熱いものを入れたときに、持ちにくかったりするので…でも、厚みがありすぎると重たいしねぇ…そのへんの塩梅も難しいです。家族の人...

備忘録:薪窯エントリー作品 板皿

学校から持って帰った板皿…仕上げが終了しました。信楽並白土:板皿脚も付けて、削りも終了して…さて、どんな風になるかは…わかりません。笑...

脚付け

薪窯のエントリーが迫っている中、ちょっと、アクシデントが…2月11日(火)が祝日で、学校が開いていないことが判明脚付けが出来ないということが…ましてや、乾燥も素焼きも間に合わないという…ということで、木曜日の早朝、学校に行って持って帰ってきました。脚付けも上手くいきました。コンクリートボードで作った自作の型なかなかいい感じ~♪素焼きはもう、無理なので、生でいってみるか。あとは、乾燥が間に合うか…そこだ...

板皿

2月に薪窯のエントリーがあるので、粉末の信楽粘土を捏ねる…遅いやろ!!爆寝かさず、そのまま作る…粘り気まったくなしのバッサバサ…笑大苦戦しながらも、板皿3枚作る…極力手を触れずに作る…板作りって…意外に手間なんですね。来週は、祝日で学校はお休み…校門は開いてるかなぁ~再生土の練り・丼の底削り・新たに丼の制作やっておかないといけない事がジワリジワリと迫ってきています…笑...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR