Entries

そばちょこ祭り

今年初めての陶芸…外は風が強く、寒い1日でした。灯油ストーブを側に置いて、まずは去年、作ったぐい呑みの底削り…デザインをチョット変更去年まで作っていた碗型をやめて抹茶碗のように、高台を低くして角のある半筒形に…ちょっと飲みにくいかも…でも、こっちの方がカッコ良さげ…笑ロクロ挽きは「そばちょこ」手をストーブにかざしながら…ひゃ~冷たい…1週間空くと、なかなか大きさが整いません…汗まぁ…こんな感じで始まりまし...

サヨナラ2017

2017年もそろそろ終わりが迫ってきました。今年も、いろんな器を作ったけれど、まだまだ…という感じですね。ご厚意で入れさせていただいている普限窯での薪窯焼成も、少し理解できるようになって、焼成について技術的には少し伸びたかなと思います。花器:信楽並土・薪窯焼成・自然釉自分に残された時間を考えると、焦りますが、自分の出来る事を精一杯やるしか、仕方がないんでしょうね…来年は「趣味でやってますから…笑」と...

年内最後の陶芸

年内最後の火曜日…フツーなら営業するのですが、お休みにしました。ということで、朝から陶芸に…先週の本焼き…無事終わってました。釉薬か化粧か?わからなかった器…やっぱり…釉薬でした…笑見事に透明釉…笑それも、以前に木灰を入れて作った流れる透明釉テストとして焼いたので、ついでに口縁にコバルトを塗ってみましたが、全く滲むこともなく…失敗という結果…笑滲むようにするには、もう少し石灰かなぁ…ま、次回の課題です。...

やっちまった…か?

化粧を生がけしたと思った器…?????釉薬だった??かも…とりあえず1個…本焼きしてみた。どうでしょう?!明日になればわかることですが…ドキドキ明日年末最終の火曜日は珍しくお休みして、今年最後の陶芸です…笑...

あれこれ考えてみた…装飾が無くって限りなくシンプルが良いと思ったり、あるほうがオリジナリティーがあると思ったり…昔やっていた線刻を復活させてみて…持ってみた時にスベリ止めの要素があると感じた時…「用の美」という言葉が頭によぎった。単なる装飾でない「線」線を真っすぐきれいに彫る事は出来る…でもあえて真っすぐに彫らない…そこに独創性が生まれるのではないか…としばらく…フリーハンドの線、自分の線を求めていこうと...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR