Entries

灯油窯…酸化焼成

今回の週一陶芸は…窯焚き…
ひきの悪い窯で、なんとか酸化焼成を…
ということで…
しかし、この日はと~っても寒かった。
あぶりの時点からなかなか窯の温度が上がらない。
せめの時点でも、油量を上げたいのをグッと我慢して、
風量調節をうまく使い、じりじりと昇温…
器に化粧をかけながらまったりと…待つ
2016_1_19_1
薪窯でおぼえたストーブでうどん…
寒いときは何よりのご馳走です…笑

今回は窯の中の様子を把握するため、
右下と中央上にオルトンコーンを置く
熔倒温度:1239℃(60℃/h) 1257℃(150℃/h)
2016_1_19_2
いつもみたいにのぞき穴から火が噴き出す事もなく…
煙突から黒煙が出ることもなく…
温度計が1220℃をさしたとき…
見事にコーンが完倒…油量を下げながら900℃まで徐冷…
こんなに頭を使って焼成したのは初めてです。
(普段はいかにいい加減であったことか…笑)
AM8:00~PM17:00 短めの9時間の焼成…
今までの窯焚きの中ではベストな感じだったのでは…
と思える焼成でした。
(窯から出してみないとわからないけど…爆)

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuma1959.blog.fc2.com/tb.php/316-d3a0bab5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR