Entries

電気窯焼成…その1

電気窯酸化焼成の結果。
2015_3_17_6
白土小鉢:透明マット釉薬+ジルコン+カオリン
きれいにあがっている。予想通りの若干生成り
2015_3_17_7
左:赤土小鉢:3号土灰+カオリン+ジルコン
つや消しの白…これは予想外だった。
2015_3_17_5
赤土茶碗:透明マット釉薬+ジルコン+カオリン
白土に比べて、ほんの少しつや消し、この感じが好きだなぁ…
焼成した美術の先生は「美しすぎて…意外性が無く面白くない」と言っていましたが、
器として、繊細さを求めるなら電気窯、力強い器を求めるなら、灯油窯と
使い分けすれば結構面白いと考えました。
トーストで言うと、灯油の窯は直火のガスコンロでパンを焼いた感じで、
炎の当たるところと当たらないところの差がでる感じで、
電気の窯はオーブントースターかな、全体にムラなくきれいに焼ける。
なんとなくではあるけれど、電気窯の特性を理解することが出来た。
この3種以外にテストとして入れた物があと二つ…これが面白かった。
マンガン系釉薬と錆釉…
結果は…明日に…引っぱります(笑)






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuma1959.blog.fc2.com/tb.php/228-e1e5ca21

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR