Entries

師匠と弟子

昨日、作陶の帰りに大阪天満宮に立ち寄ってみた。
橋本忍さんのお弟子さんiidamaayaさんのところへ行って、器を見せていただいた、
薄く作りこんだ、小さな酒器が気になって購入した。
cap

家に持って帰って、私の独断で「師匠と弟子」並べてみた。
それぞれの個性がキラリと輝いていた。
自分だけのオンリーワンの器を作る意欲がわいてきた。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuma1959.blog.fc2.com/tb.php/15-072c9efc

トラックバック

コメント

[C19]

kumaさん大阪でしたね、いいなぁ~。橋本氏と飯田さんの師弟作品、縁ですね、私も大阪で展示会できる日を目標に頑張ります!

[C20] 待ってますよ~♪

GAKUさんコメントありがとうございました。
やっぱり器は手にとって観たいですね。
中ノ島で忍さんの器と出会い、天満宮で飯田さんの器と出会いました。
どちらも個性的で素敵な器でした。
いつの日かGAKUさんの器と出会えるのを楽しみにしています。
GAKUさんの酒器で一杯やってみたいですね。

いつの日か私の器もどこかに出してみたいなぁ…
(遠い先の話ですが…笑)

[C22]

私も橋本忍さんのファンの一人です。
師弟の作品を並べる…いいですね。
飯田さんの作品、見てみたいな〜♪

[C24] コメントありがとうございます。

asanomiさんも橋本さんのファンですか。
シンプルだけどとても繊細な仕事ですね。
カップの底を見ると、やっぱり橋本さんのお弟子さんかな…と
思われるデザインですよ。
飯田さんの器は大阪で作陶されているので、私には拝見しやすいですが、
橋本さんの器は北海道なので、めったに拝見することはありません。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR