Entries

無作為という作為

陶芸を始めた頃、ただ粘土が目の前にあって、
技法というほどの技も持たず、
先生が作った作品を見よう見真似で作っていた頃、
なんとなく…お皿に見える…?
zougan
偶然のようなもの、このときはこれが自分の精一杯だった。
今観るとアラだらけですが…笑

でも、こういう雰囲気は嫌いじゃない。
今でもこういうのを求めているような気がする。
今作ったら多分、もっと良いものに出来ると思うし、
作為的にこういうお皿も作れると思う。
でも、これを作った頃の気持ちは忘れたくない…
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kuma1959.blog.fc2.com/tb.php/100-190d653a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR