Entries

年内最後ではなかった…笑

作りたい…という衝動に負けました…笑少ない空き時間を使って、石膏型の原型を作っています。石粉粘土に塗装してイメージを作る。こういうのを作りたい…これを型取って…さて、うまくいきますかどうか…笑...

年内最後?の陶芸

たぶん、年内最後の制作…一度ちゃんとテストピースを作ってみるかと、来年は、正確な記録をとって、釉薬を仕上げてみよう。今頃になってこんなことに気付くところがいい加減ですね。以前作った石膏型も使ってみたり…来週に支障が出ないようなものばかりを作りました。来年は釉薬を仕上げていきたいと思います。...

出会いました

岸和田にあるカフェ「Ten Knot」にて林っさんのカップと出会う…丁寧な鎬のかわいいカップ。女子に受けそうなデザインでした…笑...

石膏型

石膏型はあんまり作ったことないので、ちゃんとしたやり方は知らない。ネットの情報とかを参考にしながらやってみた。こんなのを作りたいと思い…両面テープで底にくっつけて…洗剤を塗り、石膏を流し込んだけど……抜けない…( ̄0 ̄;)…どうしても…抜けない…笑無理やり外したら、両面テープのほうが外れた。表面の凸凹がガッチリと貼り付いた模様。仕方がないので、対角線上に切り込みを入れ…割った。斜めにヒビが入ったけど…使えない...

2016_12_13 電気窯焼成結果

先週、あがった電気窯の本焼き結果。部分的に「おっ!」っというものはとれたけど…トータルで「あっ!これイイ!」というものには出会わなかった。茶碗:黒泥 白萩釉ぐい呑み:キラキラ銅釉(自作)豆皿:キラキラ銅釉(自作)銅系の釉薬は薄くかけるとキラキラが出ないことが判明した。とは言え、厚くかけると流れて大変…( ̄0 ̄;)はて?どうしたものか…(-_-;試行錯誤は続くのです…もう一度、きっちりとテストピース作らねばダメ...

2016_11_普限窯焼成 備忘録

備忘録 普限窯 2日間焼成 釉もの黒泥土:ぐい呑み マンガン・酸化胴釉 白マット水簸赤土+黒泥土:ぐい呑み 自作錆釉 白マット信楽水簸赤土:豆鉢 マンガン・鉄釉 白マット写真ではわかりにくいですが…かすかに金粉を振った、サテン地のような風合い。ギラギラもいいけど、この感じをもう少し進めていきたいな。...

2016_10_普限窯 焼成備忘録

備忘録 普限窯 5日間焼成結果信楽白並:茶碗信楽白並:ぐい呑み弁柄汚し 左:胴木間 火床 右:胴木間 棚黒泥:ぐい呑み 1の間 棚赤土水簸:ぐい呑み 1の間 炭桟切り信楽の並土あたりが薪窯の雰囲気をとらえやすいかも、黒泥土は無釉でもテカリが安っぽくなるかな。赤土水簸の釉のかかり方が美しいかな…自然釉の美しさを表現するには、白い土のほうがいいような気がする…などと、陶芸家みたいなことを言ってますが、ぜ...

また、やっちまった

12月…今年はまだ、本業がゆっくりペースで、営業のほうがちょっと心配なのに…時間があると、やってしまうのです。新しい陶芸道具…笑かきべら…のように見えますが、ちょっと、使い方が違います。カップの持ち手を作る道具…かたまりの粘土に差し込んで引くと…あら不思議持ち手が棒状に出来るという…同じ太さと形の粘土棒をたくさん作るときに便利です。...

持ち手付け…続き

残っていた持ち手付け作業。ちっちゃなスープカップ…出来ました。本日はこれにて作業終了。後は梅田のS'n緑anさんに行って、飯田万綾さんの個展を拝見しました。バタバタしていて、写真を撮るの忘れた…痛恨のミス…笑S'n緑anさん…年内で終了らしい…ちょっと残念…(-_-;...

2016_11_29窯出し忘備録

いろいろあって忙しくなってきたので、忘れないためにも…記録サヤ焼成…無釉:焼き締めあっ!手前のぐい呑み真ん中と左…間違えた…笑チョット焦げ過ぎ、炭の量か?それとも…石鹸置き…信楽白水簸:CS釉&石灰透明釉予想通りの出来上がり…CS釉の発色がいまいち。けっこう厚くかけたんだけどね…ま、使えるか。などと、一人でブツブツ言っております…笑このあがりを見ながら電気窯焼成中、今度はマンガン系釉と白マット釉主体で、次の火...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR