Entries

持ち手付け

今回の週一陶芸は、窯出し&窯詰め灯油窯の生徒作品を窯出ししながら…電気窯にPTA作品を詰める。この作業に時間を取られて…底削りをした器に、持ち手をつけられたのは…4個だけですが、ネット師匠のGAKUさんに言われたことを忠実に守りながら丁寧に…チョットいい雰囲気のカップが出来たんじゃないかい…笑...

手になじむ器とは…

趣味でやってる陶芸…でも、依頼されることもある。手作りのものが好きなお客さん。多いのがマグカップ、大きいのや小さいの、ちいさなフリーカップとか…価格が発生する器…どう作ればいいか…考えて作る。窯焚きしながら…ロクロを挽いた。薄いとか厚いとか、軽いとか重たいとかは、あまり意識せず、手になじむ器を意識したもの…指の感覚を集中させて、考えて、プロではないけど、自分に出来る精一杯…気に入って下さるといいけど…その...

灯油窯…本焼き

今週の週一陶芸は…窯焚き灯油窯本焼きです。先週、窯の掃除をしたので、調子良しです。機械って正直なもんです。古い窯なので労わりながらマッタリと焚きました。火見穴からの撮影難しい…笑何度も焚いているので、きれいな焼成ラインで昇温出来ましたが、なぜか今回、1000℃あたりから、ちょっと上がり辛く難儀しました…でも、なんとか焼きあがったみたい。ロクロ挽きながらの窯焚き…こんな時間が大好きです。陶芸室に住みたい...

サヤ窯詰め

最近、灯油窯焼成の時は、必ず1つは入れる「サヤ」そう、焼き締めにハマりました…笑配置や置き方を変えながら…前回はゴツゴツした物を入れたので、今回はアッサリした物を入れてみました。粘土の種類もいろいろで、まだ実験段階ですが、ブレンドした粘土がどうなるのか?次の火曜日、生徒作品と一緒に本焼きします。...

底削り

先週作った豆鉢…今週は底を削る。週一陶芸のローテーション…一時期「薄く、薄く…」と呪文のように挽いていたロクロ作業。最近は厚みよりフォルム、使いやすさを意識して作るようになった。口縁はやや厚めになり、腰の部分は薄くなったように思う。考えて作る、考えたことを形にしていく作業…少しは進歩しているかもしれないな。まだ、無駄な粘土が多いけど…笑...

窯焚き&ロクロ

今回は素焼の日。朝、点火…失火3回…雨だからでしょうか、バーナーの調子が…これが終わったら、1度点検掃除しないとダメかな…窯を焚きながら…新しく調合した粘土で豆鉢を挽く…まったりと過ぎていく…こんな時間が好きです。窯の点火とその他もろもろの作業に時間がかかり、飯田さんと平岡さんの展示に行けなかったのがとても残念でした…。来週は釉がけ準備…今月は自分の作業が進みません…(-_-;...

灯油窯…窯詰め

11月は、何かと忙しく…8日素焼、15日釉がけ、22日本焼き…と続きます。PTA陶芸会の後、窯詰めもある程度済ませました。子供たちの作品の中に身をゆだねた私の器…空気が入っていて爆発したら、一緒に粉々…笑来週、火入れします!...

PTA陶芸会

PTA陶芸会、今年最後の作陶です。初めての方もちらほら…ひも作りのデモやってと言われビビる…笑自分の我流のやり方を教えてもいいんだろうか?「なんで…こうなるんですか?」なんて聞かれると、勉強不足を露呈します…笑人に教えるのは無理だな…なんとかやり終える…笑...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR