Entries

ひよこ珈琲

「いつも楽しそうでいいね~」とか、「悩みなんて全然なさそうね…」とかよく言われます。そんなことはありません。私も、人並みに…笑悩んだり、落ち込んだりするときがあります。そしてチョット休憩したりするところが欲しかったりします。そんな時に行く、好きな珈琲屋さんがあります。1軒は、大阪天満宮の近く…アンズ舎さんいつもならこの辺で、写真をアップしたりするんですが…今回はありません。私が感じたままの雰囲気をお伝...

依頼品

こんなの作って…ときどき、そんな依頼がある。「あてにしないで待っててください」と返事をすることにしています。今回はワンちゃんの水飲みの器。バーニーズマウンテンドッグ…かなり大きなワンちゃんです。とりあえず作ってみたけど…大きさ…大丈夫なのか?(笑)...

春休み…

学校が静かになりました。静かな陶芸室で、黙々とロクロを…底を削って、新しいカップを挽く。同じような動作を繰り返すのみ…以前なら、サルのように数を作って…でしたが、最近は、シルエットにこだわって、ひとつひとつ丁寧に…を心がけるようになりました。ビアカップの高台はこれでいいのか?口縁の厚みはどうか?いろいろ、考えながら…数は上がりませんが、少しは進歩したかな?…と。今回はこれで素焼き…ではなく、ここから、加...

お知らせ

大阪で陶芸家をなさっている飯田万綾さんが梅田阪急百貨店10F「つまるもの市」で、展示をされています。送って頂いたフライヤーを店に貼りました。そして、もうひとつ、私の友人で、四条畷学園短期大学の先生、香月欣浩氏の造形表現展が難波のギャラリー香にて開催中です。お近くにお越しの節はぜひ…どちらも、最終日が22日(火)…こりゃ~来週、忙しいぞ…笑...

スポンジ棒

火曜日、陶芸に行った時、割り箸で作ったスポンジの棒が、とても使い易かったので…さっそく100円ショップへ…笑こんなん見つけましたけど…コップ洗いスポンジただ…この部分がチョットスリットが入っているのと、大きすぎる…ということで、やっぱり自作を…ということで、同じく100円ショップの6個¥100のまずフツーのスポンジを半分に切って、ザラザラの皮?を剥きます…そして中心部分に穴を開けます。この時大切なのは、カッターの...

高~く、高~く…

毎週火曜日の陶芸…最近のテーマは「高く、美しく」…笑一週間で一度のチャンスなので、それ以外は、本業をこなしながらの道具作り…「あ~でもない、こ~でもない」と考えて、どうすれば「高く・美しく」を実践出来るか?何種類かの作った道具を持って行きます。少しは安定したかな…?最近、ときどき、ロクロを挽いている時…粘土に触っていない様なのにスゥ~~っと、挽き上がるときがあります。粘土と指先の間に水の層みたいなもの...

木ごて

GAKUさんにもらったヒントから、さっそく新しい木ごてを作ってみた。かなり長いのを作ったやったので、かなり高く挽かなければならない。大丈夫だろうか?…笑とにかく明日、使ってみる!...

親父の遺したもの1

親父さんが使っていた物で、今、一番重宝しているのがコレ…ベンチグラインダーといっても、時計の修理に使うのではなく、陶芸道具を作るために使っている。石膏板でロクロを挽くときに使う針とか、削りの時に使う新しいタガネのようなもの…今まで、鑢と砥石でゴシゴシしてた物でも、なんでも「あっ!」という間に出来てしまう。そしてまた…道具だけが増えていく…爆...

愚かなことを…

空き時間を使って…また、作ってしまった…道具を使ったからって、未熟な技術を補える訳でもないのに…ビアカップ用木ごてこんなの作ってるより、ロクロに触れる時間を長くした方が、良いのはわかっているのに…(´・_・`)...

もっと高さを!…笑

高~く、高~く…呪文を唱えながら挽きましたが……このざまです…爆高く引き上げると腕が不安定になり、内側の指と外側の指の接点が狂い、13センチが限界でした。来週はのべを低くして、外側に添える手のほうの腕を膝から離さないようにしながら挽いてみよう。引き上げる時のスピードと仕上げるときのスピードのタイミングが合わずクニャっとなる…いずれにせよ…技術不足…悲...

依頼品

ワンちゃんの水飲みを頼まれました。とりあえず3つほど挽いてみる…たぶん…底…切れると思う…笑...

目指す大きさ…

夏に向けて、ビアグラスの依頼が少しあり、引き受けたけれど、未熟な腕前で大丈夫か?と、少々、心配になってきた。何か見本はないものかと探したところ…これが…笑紙コップ…なんとシンプルな形であることか。でも、使い勝手は抜群なんだろうな。仕上がり寸法:高さ12㎝・口縁8㎝・底面6㎝…収縮率を10%と考えると…13・9・7㎝位だろうか…今日から…エアーロクロ…笑でっ・き・るっ・か・なぁ~♪...

以前作ったやつ…

以前作ったやつの素焼があがった。面白い…でも実用化はチョット難しいな。もう少し厚みをもたせたら使えるようになるかも…表面のデザインももうひとひねり必要です。新たにスープカップも作った。これが…こうなった…あらためて持ち手の難しさを思い知る…うまく焼けたら、甥っ子のところに生まれた双子ちゃんに、プレゼントするつもり…笑...

和楽

通りがかった本屋で見つけました。若冲大好きな娘にお土産…笑もちろん大喜びでした。退屈しのぎにパラパラとめくって読んでみると…これが…奥深い…チョット真剣に読んでみるか…笑...

素焼窯出し

美術の先生にお願いして、電気窯で、素焼しました。新しく、チタン化粧・マンガン化粧…剥離もなく、うまくのってくれたようです。今回の薪窯用の作品は1つだけ…信楽並白土+童仙傍+木節粘土 化粧 外:マンガン化粧 内:チタン化粧これが自然釉とどんな反応をするのか?興味津々…笑...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR