Entries

錆釉…再考

7月も今日で終わり…9月の本焼き焼成の前に以前焼いた作品を、検証してみることに…外:自作錆釉 内:自作白マット釉透明マット系マンガン釉錆釉の赤と、マンガン釉の黒、この二つの色の重なりを表現できないか?ここから、何か目指す錆を表現できないかと…頭の中で…妄想が膨らみます…笑...

アカン日や…

先週は板作りをしたので、今週はロクロを回しましょう…とがんばってみた。…なんかうまくいかない…のべの上げ下げはできるんだけど…中心がうまく取れない。秋から始める半磁土の練習のため、薄く、薄く、と唱えながら…クシャッ…2時間がんばっても、この数だけ…なんか最近、頭打ちかなぁ…週一陶芸の限界が見えてきたように思う。...

GAKUさんのカップ

雑然とした我が家の朝の食卓…急いで出かける娘の朝食…そんなんで足りるんかいな…といつも思う。吉田南岳作:半磁土マグカップ食事の中身は別にして、最近、娘の食事アイテムが1つ増えた。右側のカップ…娘のお気に入りとなった。紅茶が入ったり、水だったり…いろんなもの入れられて、こんなフツーの家庭のテーブルに来ちゃって…カップも驚いているかもしれない。私はカップを洗うとき…ちょっぴりロクロ目の指の位置を、確認したりし...

石膏型

以前、紙で作った石膏型。せっかく作ったのだから…と、使ってみた。ずっと型にはめて1週間置くのはちょっと厳しいので、型にはめて、底面をドライヤーであぶって、少し乾燥させて…ロクロにのせてゆっくり回しながら乾燥させることで、満遍なく乾燥できた。ある程度乾燥したら、パカッと外して…土:信楽水簸白土今回、楕円のお皿がおもしろい感じになりそうだ…発砲スチロールの箱の中で、ゆっくり乾燥させる…笑...

素焼き

うまく削れなかった半磁土は置いといて…次に進みます。作り溜めたぐい飲みやフリーカップなどを子供たちが作った土鈴と一緒に窯詰めしました。素焼きがあがったら、いよいよ釉薬のテストにかかります。錆(透明マットベース)・黒錆(単純化)・半艶オフホワイト・半艶白・熔化化粧…いろいろ用意しておかないと…笑...

半磁土…全滅

発砲スチロールの箱から出したとき…ちょっとヤバイかなぁ~と思っていましたが、やっぱり…ちょっと硬かった。口縁を同じ土でロクロに固定して、削り出したのは良いけれど…粉のような削りカスが…なかなか削れなくって難儀していると…口縁に水がまわったのか?グンニャリ…ボロボロと…先週作った半磁土…全滅でした。信楽赤土のほうは…何とか削れるのに…????半磁土のほうが乾きが早く、吸水が早い?それと、同質の土の湿台では、削...

半磁土

初めて半磁土をロクロで挽いてみた。袋から出した磁器土はサラリとしていてきめ細かく…まるで若い女性の肌の様な…触ったこと無いけど…爆挽いてみて…「うわぁ!」となった。チョット油断すると…このように…笑四苦八苦しながら、何個か出来ました。続いて…信楽赤土なんか挽きやすい…笑ただ、ロクロ目でつまずく…これも、何とか1個…楽しい…でも、残骸がいっぱい出来た…爆...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR