Entries

昨年焼いた器たちpart2

去年、お皿の挽き方がちょっとわかりかけてきた頃、大きなお皿を作りたいと思ってやってみた。結構がんばったけど…直径23cm…信楽並白土:黄土汚し&透明マットじっくり見ると、見込みは汚いし、全体に…重い…奥さんに頼まれていたカレー皿直径22cm…赤土:白萩釉もう少し深いほうがいいらしい。それにちょっと歪んでいる…次はもっと薄くきれいに作らなくちゃ…笑...

去年の総括

去年焼成した器たちまず、カレー皿:信楽赤土・市販乳白釉良かった点:一応お皿のようなものが挽けるようになった。反省点1:釉がけがヘタクソ一番手前のお皿、棚板のアルミナが落ちています。反省点2:普段からの焼成器具のチェックを怠らないこと。反省点3:重たい=挽き方がまだまだ&削りが甘い碗:信楽並白土:内・白萩釉 外・錆釉(自作)碗:信楽並白土:白萩釉薬良かった点:なんとなく「お碗」みたいなものが挽けた。反...

文化的生活…

この冬、陶芸室があまりに寒く…七輪を使ってやかんでお湯を沸かしたりしていたのですが…部屋はたいして温かくならず、自宅にあった、昭和チックな古い石油ストーブを持ち込みました。いやぁー快適快適!やっぱり灯油の力は偉大ですな!燃料は窯用のドラム缶にたっぷりあるし…(油泥棒…爆)反射板があるとこれだけ暖かいのですね。いちいち新聞紙で炭に火を入れる必要もなく、一発着火!(点火ボタンは故障しているのでライターで…...

ただひたすら…

火曜日の朝…冷えました。陶芸室の中、暖房がなく吐く息が白い…笑仕方なく、七輪に炭を入れヤカンをかけました。ただ、ひたすら…同型・同寸を目指して棒挽き…信楽並白土フリーカップ小何も考えず、ただ、ひたすら…挽く繰り返し作ることで、少しは技術が上がるような気がして…...

しっぴき…

店の暇な時間を利用して(いや…結構、暇ですが…笑)水糸で「しっぴき」を作ってみた。今まで水糸を切っただけの物で、器を切り離していましたが、手が泥だらけで滑ったりしていたので、持ち手の部分を編んでみたりして…いつもそうなんだなぁ~まず、道具からはいる(笑)...

新年初ロクロ

今年になって初めての火曜日、ロクロを挽いてみた。あれっ???…手が思うように動かなくなってた。四苦八苦しながら挽いた黒土と赤土のカップ。挽き終わって足元を見たら…ハハハ…泥んこ...

ぐい飲み

年末に焼きあがった、錆釉ぐい飲み。大きさとか…釉薬とか…まだまだ気に入らない部分もあるけど、お正月に家族で使ってみた。まぁ、それなりに使えました。...

Appendix

プロフィール

1kuma

Author:1kuma
本業はパーマ屋さん
休日は…

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR